1.スプロケット・ドラム、2部品を特殊水素炉で接合/焼入れを同時に行う

2.ドラム強度必要な場合、外環部材質を60C相当にする事で接合と同時に
  HRC20~30の高強度ソルバイト組織を生成。
  強靭なドラムとなり薄肉軽量化を実現
【従来工法】
冷間鍛造後、機械加工

【当社工法】
プレス品のドラム部と冷間品のスプロケットを特殊水素炉で接合後内径を
仕上げる
パイプ軸に両端スプライン部品をパイプ内径に特殊圧入カシメで接合
1.外環部SPC材、スプロケット部SCM415材製品は他社向け流動実績有
  納入実績 5年前より
  50万個/年

2.外環部SAE1060材の製品は他社採用向け評価中

刈払機/チェーンソー用 クラッチハウジング